女性

ママの悩みを排除|妊娠線は簡単に消せる時代

体質を改善して予防も

妊婦

人によって違いも

女性は妊娠すると急激に体型が変化してしまうため、それに対応出来ない皮膚が断裂してしまい妊娠線となって残ってしまうことがあります。妊娠線は一度出来てしまうと出産後もなかなか消えることが無いため、出来た後にケアするのではなく出来ないようにケアすることが大切だとされています。しかし、世の中には妊娠線が出来てしまうという人もいれば特別なケアをしていないのにも関わらず出来ないという人がいます。実は妊娠線というのは初産の人よりも経産婦の方が出来やすいとされているのです。これは経産婦の方が急激に体型が変化することが多いため、それだけ出来やすいと考えられています。また、一般的に初産の人よりも経産婦の方が年齢が高くなる傾向にあることも影響しています。若いということはそれだけ肌に弾力性があることが多いため、体型の変化に肌が対応することが出来るので妊娠線が出来にくいとされています。そのため、初産であっても高齢出産の人の場合には十分なケアが必要となるのです。また、皮下脂肪が多く血行が悪いという人の場合も妊娠線が出来やすい体質になっていることがあります。皮下脂肪は伸縮性が無いために急激な体型の変化に対応することが出来ずに断裂してしまうことがあります。また、血行が悪いという人の場合にはより妊娠線が目立つようになってしまうので注意が必要です。こういった人は肌の伸縮性も悪くなっていることが多いので、お腹や頬の皮膚をつまんでみてあまり伸びないという人は体質の改善が大切です。

Copyright © 2017 ママの悩みを排除|妊娠線は簡単に消せる時代 All Rights Reserved.