女性

ママの悩みを排除|妊娠線は簡単に消せる時代

出産の勲章と言うけれど

化粧品

急激な体重増加を予防する

妊娠中には、短い期間で急激にお腹が大きくなっていきます。もちろんそれは、お腹の中で赤ちゃんを育てるために必要なこと。しかし母になっても女性は女性です。もしも妊娠線ができてしまったら、自身のお腹を見るたびに悲しい気持ちになってしまうでしょう。ひどいときには、スイカの模様のようになってしまう妊娠線は、一度できてしまうと完全に治すことは難しいと言われています。できてしまう前の予防をしたいところですが、保湿以外に効果的な方法はあるのでしょうか。妊娠線は、急激にお腹の皮膚が伸びることでできてしまいます。妊娠中は、肌の新陳代謝が起きにくくなり、余計ダメージがひどくなってしまいます。肌が乾燥しているとダメージが起こりやすいので、保湿クリームを一生懸命に塗っている妊婦さんも多いことでしょう。しかし残念ながら「それでも妊娠線ができてしまった」という経産婦さんが多いのも事実です。保湿クリーム以外のケア方法で有効なのは、「急激な体重増加を食い止める」ということです。妊娠中の体重増加は、仕方がないことです。しかしあまりにも体重を増やし過ぎると、赤ちゃんへの影響が気になったり、出産が大変になってしまったりすることも考えられます。急激に体重が増加すれば、その分お腹の皮膚が伸びるスピードも速くなってしまいます。できるだけゆっくりと、お腹の皮膚を伸ばしていきましょう。急激な体重増加を防ぐためには、毎日のウォーキングが有効です。適度な筋肉もつきますから、健やかなマタニティライフをおくることができるでしょう。

Copyright © 2017 ママの悩みを排除|妊娠線は簡単に消せる時代 All Rights Reserved.