レディ

ママの悩みを排除|妊娠線は簡単に消せる時代

体質を改善して予防も

妊婦

妊娠出産によって体に出来てしまう妊娠線ですが、誰もが必ず出来るというわけではありません。初産の人よりも経産婦の方が出来やすく、高齢出産の場合にも出来やすくなっています。また、皮下脂肪が多く血行が悪いという人も妊娠線が出来やすいので予防には体質の改善が大切です。

妊娠中の不安を解消しよう

お腹

妊娠線ケアクリームは、普通のボディクリームと異なる目的で開発されています。売上アップのため、ボディクリームにはさまざまな効果が付加されていますが、その分保湿力の面で不安があることも。妊娠線ケア専用のクリームであれば、妊娠中も安心して使えることでしょう。

出産の勲章と言うけれど

化粧品

妊娠線は、急激にお腹が大きくなることで起きる皮膚のトラブルです。避けるためには、乾燥状態を避けること以外に、急激な体重増加を防ぐことが大切です。保湿クリームを塗ると共に、毎日のウォーキングで体重管理に努めてください。

何故できる予防方法は

化粧品

気をつけたいこと

妊娠線は、妊娠によりお腹が大きくなってくる過程で皮膚の伸びる速度についていけず、表皮の下にある真皮という部分が裂けてできてしまう断層跡をいいお腹や太ももの付け根、またお尻などにできてしまう線のことをいいます。妊娠線は一度ついてしまうとら完全に元に戻ることは難しくなかなか消えないものです。さらに経産婦の方は子宮が以前の妊娠により伸びやすくなっているため、そして多胎妊娠の方は胎児が一人の場合よりもお腹が出てくることが考えられるため、妊娠線ができやすいといわれてます。予防法としては、乾燥などにより皮膚は伸びにくくなってしまうため、保湿を行うことがとても大事なことだと考えられています。現在ではケアするためのボディクリームなどの種類も多くあります。早い段階から保湿を行い皮膚を柔らかく保つよう心がけましょう。お腹をマッサージしながら、お腹の中の赤ちゃんとお話しするのも素敵だとおもいます。その他に気をつけられることとしては、体重の増加によっても妊娠線はできやすく、体重そのものを増加し過ぎないよう注意することや、急激に増えないようコントロールしていくことも大事なことです。体重コントロールのために運動もおこなうと出産の時にお産自体の進みもよくなり一石二鳥かもしれません。また、妊娠線ができてしまっても継続していくことはとても大切です。一箇所できてしまったとしても継続することで最小限に止めることができます。

Copyright © 2017 ママの悩みを排除|妊娠線は簡単に消せる時代 All Rights Reserved.